マネタリーベースとは【wikipediaを見てもよく分からない人向け解説】


マネタリーベースってなんぞや?

ニュースで使われることもあるこの言葉、

wikipediaを見てもよく分からないですよね。

マネタリーベースとは何か?

なぜニュースになるのかを簡単にまとめました。


<マネタリーベースとは?>

okane.jpg

簡単に言うと、日本銀行が供給するお金の合計ですね。

マネタリーベースは言い換えると、現金と民間銀行の法定準備預金を足したものです。
(日本銀行が持つ当座預金を含む)


ここで注意なのが、

世の中に実際に出回っているお金の総額をマネーストックと呼ぶことです。

詳しくは下で説明しますね。


<なぜマネタリーベースがニュースになるのか?>

マネタリーベースがなぜニュースになるのかというと、

景気に影響を与えるものだからなんです。


マネタリーベースが増えるということは、

私たちや企業の手に渡るお金が増えることを意味します。


さきほど、


実際に世の中に出回っているお金のことはマネーストックと呼ぶとお話ししました。

マネタリーベースとマネーストックは、同じではないんですよ。

ややこしいですね。


マネーストックは、民間の経済活動によってマネタリーベースよりも金額が膨らむんです。

マネタリーベースのお金が民間銀行に供給されます。

そして、銀行はこのお金を貸出しの原資にして企業に貸し出します。

そして、「貸出しと預金の繰り返し」によって銀行と企業をグルグルすることで、

銀行の預金通貨をどんどん増やしていきます。

これを銀行の信用創造機能と呼んでいます。


マネタリーベースは、こうした経済活動の出発点といえるお金です。

このお金をもとに、どんどん経済活動を行ってお金が膨らんでいく。


マネタリーベースが増えると、間接的に景気を刺激します。


日本銀行は、インフレになりすぎないよう注意しながら

このマネタリーベースを増やす政策をとっているのです。

スポンサードリンク