大掃除の裏技【網戸や高い場所を掃除機で綺麗にする方法】

年末にしなきゃいけないことといえば、

大掃除ですよねえ。


新年を気持ちよく迎えるためにも、

綺麗にしたいです。


今回は、網戸や高い場所を掃除機で綺麗にする裏技をご紹介します。


網戸を掃除機で綺麗にする方法



網戸を綺麗にするグッズ、最近いっぱい出てきました。

でも、できれば掃除機だけで全部掃除したいですよねえ。


実は、網戸も掃除機で綺麗にできるんですよ。

用意するものは、ガムテープと新聞紙です。


新聞紙を、こんな風に貼っちゃいます。

shinbunshi1209.jpg


網戸の外側にペタッと新聞紙を貼り付ければ準備オッケー♪

あとは掃除機で内側から吸い込むだけです。


網戸の汚れって、蓋になるものを用意してあげれば

掃除機でもガンガン吸い込めるんですよ。


しかも、外側の汚れも一緒に吸い込めるから

内側と外側、2回掃除しなくても大丈夫です。


だいだい8割くらいは掃除機だけで汚れが落ちます♪


掃除機のホースが届かない高い場所対策



照明や収納棚の上、吹き抜けの出窓の内側の桟など、

ちょっと高い場所で掃除機のホースが微妙に届かないっていう場所ありますよねえ。


これも、ちょっとした裏技で掃除できますよ。


それがこちら。

soujiki1209.jpg

分かりますか?

掃除機のホースの先に、カレンダーが入っていたダンボールをくっつけてます(笑)


これが意外と優秀なんですよ。


ポイントは、先端に掃除機の付属のブラシをつけておくこと。


掃除機のパワーって実はすごくて、

吸気口を完全に塞ぐとダンボールの部分が潰れてしまいます。


先端にテープでブラシをくっつけておけば、

吸気口が完全にふさがらないので、ダンボールでも耐えられるんです。


カレンダー、色々なところでもらいますよね。

どうせ捨てるなら、それを使って掃除しちゃおうという裏技。


ダンボールがないなら、

カレンダー自体をくっつけてもOK。


カレンダーを筒状にしてガムテープで固定すれば、

即席延長ホースの完成です。


掃除が終わったら、

そのまま捨てられるから楽なんですよ。


これなら、高いところを掃除してもホコリが舞い上がらない♪