海外転勤が決まった人の英語勉強方法【英会話スクール以外の学習方法】<赴任前の不安撃退>

1年前のちょうど今頃、

私は人生でも一二を争うくらい焦っていました。

2ヶ月後に海外へ転勤が決まってしまったんです!


上司からは「赴任先は英語が通じるから大丈夫だよ」なんて言われましたが、

大丈夫じゃないっす!


私は英会話が全くできませんでした(泣)


仕事もすごく忙しかったので、英会話スクールに通うのは無理。

そんな状況の私でもなんとかなった方法をご紹介します。



聞き流す系の教材でビジネス対応のものが最強



とにかく最短で、短い時間で英語力が上がる教材を探しました。

私が思ったのは、聞き流す系の教材が一番いいということ。


最初は普通のテキスト+CDというオーソドックスな教材だったんですが、

仕事帰りでヘトヘトなときには、

「テキストを開く」というのがハードルが高い!


聞き流す系の教材なら電車の中でも音楽聞く時みたいに目をつぶっててもOK。

一番疲れず、効率的でした。



ハイスピードに慣れておいてよかった



私が使っていた英会話教材【ネイティブイングリッシュ】は、

ハイスピード英語→日本語→普通のスピードの英語→日本語という流れでレッスンが続くものです。


このハイスピード英語を聞いていたおかげで、

赴任先の同僚が話す英語がすごく聞き取りやすかったです。


転勤した直後はまだ半分くらいしか相手の英語を理解できなかったんですが、

半分くらい分かればなんとかなるもんです(笑)


教材のレッスンの中には「ビジネス対応用のよく使われるフレーズ」篇もあるんですが、

予想以上に、本当に赴任先でもよく使われました。


聞いたことがあるフレーズが会話にちょくちょく出てくるので、

たどたどしい英語でも仕事を進めることができたんだと思います。


>>ネイティブイングリッシュの詳細はこちら