定年後やることがない人へ【趣味なし仕事人間がパソコンで第二の人生を歩む】

昨日、定年後1年たった父の話をしました。


父は定年直後はテレビを見るだけの生活。

典型的な仕事人間だったので、無趣味なのでやることがなかったんです。


家族みんなが心配していたのですが、

父の友人の紹介で、家で記事を書く仕事を始めました。


この広告のところですね。






ここに登録すると、色んな依頼の中から自分が得意な依頼を選んで文章を書く仕事ができます。


父は営業畑の人で文章なんて未経験でしたが、

今では月に10万円稼いでいるみたいです。


もともと仕事一筋だった人なので、コツコツと積み重ねる作業は向いていたのでしょう。


在宅ワークをするようになってから、父はよく笑うようになりました。

たぶん、社会とつながっているということが心の拠り所になっているんだと思います。


昨日も父と話していたんですが、

「ついに俺に専属で記事を書いて欲しいっていう依頼がきたぞ!」と嬉しそうにしていました。


仕事というより、生きがいになっているみたいですね。


普通の趣味ならお金が減るばかりですが、

好きなテーマで文章を書いて、お給料をもらえるんだから最高ですね。


あんまりにも父が楽しそうにしているので、

私ももうすぐ始める予定です。


在宅ワークはプライドの高い父にはぴったりだったのでしょう。

自分より年下の上司にあれこれ指示されることもないし、

自分の好きな時間に好きなだけ仕事をするという自由も手に入ります。


旅行に出かけることも増えて、

定年直後のやることがない状態で無気力だった父が見違えるようです。


>>詳細はこちらから